2018年2月25日日曜日

脱落者 12 - 8

「まさか・・・」

 ケンウッドは思わずそう言っていた。宇宙連邦軍のセキュリティは宇宙一厳重だ。地球上から簡単にアクセス出来る筈がない。そんな技能を持っているとしたら、進化型1級遺伝子危険値S1に認定される。勿論、それはドーマーがハッカーだと想定した場合で、コロニー人の仕業だとすれば、テロリストの仲間がまだ残っている可能性があると危惧しなければならない。

「ご存知のように、ドームから外へアクセスする時は保安課のサーバーを必ず通します。執政官が割り当てられているパスコードを入れなければ、宇宙への通信は出来ません。
執政官が宇宙軍のコンピュータにハッキングするとは思えない・・・」
「それが・・・」

 ハナオカ委員長が躊躇った時、画面に彼を押しのけるかの様に1人の年配の男性が現れた。宇宙連邦軍憲兵隊の制服を着ている将校だ。

「貴方がアメリカ・ドームのケンウッド長官ですか?」
「そうですが?」
「宇宙連邦軍憲兵隊本部のジョン・ビーチャー大尉です。」
「こんにちは、ビーチャー大尉・・・」
「お聞きの通り、貴方のドームから我が隊のコンピュータに侵入した者がいます。」
「まさか・・・」
「事実です。複数の地球上、月、衛星のサーバーを経由して巧妙に足跡を消していましたが、何とか当方の技術者が追跡に成功しました。貴方のドームからのハッキングに間違いありません。」
「しかし、軍のコンピュータにアクセスする必要がある人間などいませんよ。」

 と言ってから、ケンウッドはふと嫌ぁな予感がして、執務机の向こうに座っている白い髪の男を見た。

「ちなみに、何のデータをハッキングされたのです?」
「貴方のドームで先日テロの犠牲になった3人の研究者の身元調査データです。」

 ケンウッドはもう一度机の向こうを見た。ベックマンは小さくなっていた。ハッカーの正体を知っているのだ。さっきから彼が何か言いたそうだったのは、このことか?
 もう1人、ハイネはポーカーフェイスだ。コロニー人達が何を問題にして話し合っているのか理解しているくせに知らん顔している。
 ケンウッドはビーチャー大尉に尋ねた。

「そのデータを外部に持ち出されると都合が悪いのですか?」
「データの重要性は問題ではありません。」

 大尉が顔を赤くして言った。

「無断で軍のデータにアクセスした事実が問題なのです!」
「わかりました。」

 ケンウッドは腹を括って言った。

「重々叱っておきます。」

 大尉が目を丸くした。

「犯人をご存知なのか?」

 ケンウッドは時計見るふりをして言った。

「数時間後に月に居ますから、その時にお話します。」

脱落者 12 - 7

 業務打ち合わせは昼食後に行われた。ケンウッド長官はハイネ局長に留守番を頼むのだから、いつもより内容が濃くなる。もう1人の幹部であるベックマン課長も同席した。ケンウッドはベックマンが何か言いたそうにソワソワしているのが気になったが、ハイネに普段局長が関知しない必要業務を説明することに忙しかった。それらの業務は、ドームに問題が発生しなければしなくても良い仕事だ。長官の日常業務は秘書のロッシーニと副長官秘書に委任する。

「ブラコフが入院しているのに、ヴェルティエンを連れて来いとは、本部も何を考えているのか・・・」

 ケンウッドは心底困惑していた。正常に動いている時でもドームの仕事はいっぱいあるのだ。ヴェルティエンは遺伝子学者ではないが、優秀な秘書だ。彼を留守番に置いておけば、ハイネもベックマンも気が楽だろうに。
 ハイネは大人しく説明を聞き、わからなければ質問する良い生徒だ。翌日の朝普段通りに遺伝子管理の日課をこなし、手があけば中央研究所に来て長官執務室で非常事態に備えて待機しておく、それだけだ。ケンウッドは月で問題が発生しなければ明日の夜には帰って来られる筈だ。

「体調がまだ万全でない君に仕事を増やすのは酷だが、マザーの管理者は君とベックマンだけだからね。」
「私が長官業務出来れば良いのですが・・・」

 ベックマンが残念そうに呟いた。彼はテロ事件の後なので警備強化で忙しい。それに事務仕事は苦手だった。ハイネが微笑した。

「保安課長がしっかり働いて下さっているので、私の出番はないと思いますけどね。」
「局長・・・」

 ベックマンが困った顔をした。さっきから何か言いたいのだが、どう切り出して良いのかわからない。だが今長官に言わなければ・・・と彼が決心した時、長官のコンピュータが緊急通信の音を発した。ケンウッドは彼等に断って画面を出した。
 地球人類復活委員会のハナオカ委員長が画面に現れた。

「ケンウッド長官、問題が発生した・・・」

 委員長は困った顔をしている。どうして今日は誰も彼もが困っているのだ?
 ケンウッドは尋ねた。

「どうしました?」

 委員長が尋ねた。

「君のドームから宇宙連邦軍憲兵隊本部のコンピュータにアクセスした者がいる。」

脱落者 12 - 6

 ベックマン保安課長とフォーリー内務捜査官はセシリア・ドーマーの処遇に関して口出しする権限を持たなかったが、それでもあれやこれやと考えざるを得なかった。彼女はアメリカ大陸の遺伝子管理局長を殺害しようとしたと言う動かせない事実がある。それが計画的なものだったのか、突発的にそうしてしまったのかで、処罰は変わる。計画的なものであれば、誰かにそそのかされたのか、彼女自身の考えだったのかと調べなければならない。
 秘書2人は、そろそろお昼だな、と考えていた。毎日昼前に局長は長官執務室に出向いて、次の1日の計画・予定を打ち合わせするのが日課だった。それが入院で中断している。この日は長官が夕方出張するので準備に忙しいのか、長官執務室からお呼びがまだかからない。ジェレミー・セルシウスは変化があっても動じないが、ネピアは規則正しく仕事をするのが好きな人間だ。時計を気にしていたら、フォーリーに誤解された。

「もう昼食時間ですか、ネピア・ドーマー?」

 ネピアとフォーリーはあまり年齢差がない。ネピアは局員経験者だが、フォーリーは入局以来ずっと内務捜査班にいる。ネピアは外勤務経験者の方が立場が強いと思っていたが、局長は外に出たことがない人だ。そして内務捜査班は秘密主義で局員経験者達も苦手に感じている。局員経験者は引退すると内勤業務に移るのだが、内務捜査班は引退がない。彼等の報告書を清書する内勤の仕事をしているうちに、ネピアは彼等がかなり専門的な分野を極めていることに気が付いた。殆ど科学者だ。コロニー人科学者達の違反を捜査しているのだから当然だが、内勤の元局員には太刀打ちできない相手に思えた。
 ネピアはフォーリーに指摘されてちょっと慌てた。

「いや、長官執務室での打ち合わせの時間の筈が、連絡がないな、と思ったので・・・」
「長官はお忙しいのでしょう。夕刻には月へ出張されるし。」
「しかし打ち合わせも重要だろう・・・」

 局長崇拝者のネピアには、局長を無視することは許されない暴挙と採られた。
 セルシウス・ドーマーはお茶を淹れた。ベックマンと局長とフォーリーに出すと、ネピアに目を向けた。ネピアは首を振って断った。
 局長がお茶に気がつくと秘書達に声をかけた。

「昼休みにしなさい。私はもう少し時間がかかる。」

 ベックマンは彼が何をしているのか気になった。しかし無断で地球人のコンピュータを見ても良いものだろうか? するとハイネが彼を呼んだ。

「保安課長、亡くなった3人の研究者の身元調査の結果が出ています。」
「何?」

 ベックマンはハイネの横に移動してコンピュータの画面を覗き、心の中で「ゲッ!」と叫んだ。




脱落者 12 - 5

 アーノルド・ベックマンはケンウッド長官との通話を終えて、周囲の人々を見た。彼は遺伝子管理局本部局長執務室に居た。滅多に入ることがない本部だ。最後に入ったのは就任の挨拶の時じゃないか、と彼はふと思った。それだけドーム内は平和で、地球人の役所は彼にとって用がない場所だった。だが、観察棟のモニター室でセシリア・ドーマーとキャリー・ジンバリスト・ドーマーの会話を聞いていると、セシリアが「オリジナルはリック・カールソンの姉」と言う意味の言葉を語った。それが真実なのか、調査するには、長官と遺伝子管理局長の協力が必要だった。
 コロニー人の身元調査はコロニー人にしか出来ない。だからケンウッド長官に尋ねたが、長官の手持ちのカードは少なかった。
 ベックマンが遺伝子管理局に来ているのは、一緒にセシリア・ドーマーの話を聞いていたビル・フォーリー・ドーマーに連れて来られたからだ。フォーリーはセシリアとキャリーの会話の録画を局長に見せた。保安課の資料になるので、ベックマンの立会いがあった方が後で面倒にならないだろうと思ったのだ。
 前日に業務に戻ったばかりのハイネ局長は、その朝は1人で日課を片付けてしまい、念のために手伝いに来ていたグレゴリー・ペルラ・ドーマーは、安心した声で「もうお役御免ですな」と言って、「黄昏の家」に帰って行った。局長はスーツの上着の代わりに前日医療区でもらったカーディガンを羽織っていた。お堅い第2秘書のネピア・ドーマーが、局長はこのままカーディガンを制服にしてしまうのではないかと心配した。
 ベックマンが電話を終えたので、ハイネ局長は少し考え込んだ。

「セシリアとカールソンが遺伝子的姉弟ではないと言う証明が出来れば良いのですね?」
「カールソンの遺伝子サンプルとセシリアの遺伝子を比較したいのだが、生憎カールソンの遺体と遺品は全て軍が月へ送ってしまったんだ。」

 ベックマンは、カールソンがセシリアと恋愛関係にあったと思い込んでいたので、セシリアの言葉にショックを受けていた。

「騙されていたとセシリア・ドーマーが悟って、何が彼女にあんな行動を起こさせたのか、告白してくれれば良いのだが・・・」
「軍はもう調べているのでしょうね?」
「亡くなった3名の背後関係も調べている筈だ。テロリストは味方も平気で犠牲にする可能性があるからな。だが軍が調べるのは、爆発の仕組みだけで、ドーマーが貴方を刺した理由ではない。私と長官は、貴方が何故刺されたのか、その理由を知りたい。彼女が錯乱したと言うだけでは、納得出来ないのだ。」

 フォーリーも言った。

「セシリア・ドーマーの処罰に関しても、真相解明は必要でしょう。」

 ハイネはまた少し考えてから、おもむろにコンピュータのキーを叩き始めた。



脱落者 12 - 4

 ケンウッドは出張の準備の途中だったが、ベックマンの要請により、セシリア・ドーマーのオリジナル卵子提供者の検索をした。

「オリジナルの母親は、セシリア・テイラーだ。」
「カールソンではない?」
「カールソンではない。」
「離婚したとか、再婚したとか・・・」
「そんな情報はマザーには入っていない。しかし、リック・カールソンの両親の情報はある。」

 ケンウッドはキーを叩いて、亡くなった研究者の履歴を出した。

「スタン・カールソンとエリザベート・ウェストだ。」
「姉とか妹はいませんか? 養子に出されたとか、あるいはリックが養子だったとか?」
「リックはスタンとエリザベートの息子だ。ああ・・・待て待て・・・スタンとエリザベートに他の子供がいるかどうか、これは月に問い合わせてみないといけない。」
「お願いします、お忙しいでしょうが・・・」
「なに、事務局に問い合わせのメールを入れておく。返事が何時になるかわからないが、今日中には何か言ってくるだろう。」

 ベックマンとの通話を終えて、秘書達を見た。ヴァンサン・ヴェルティエンは執行部からの呼び出しの理由が判然としないので不安がっていた。

「僕は何か疑われる様な行動を取ったんだろうか?」
「貴方がテロリストなんて誰も思わないでしょう。」

とロッシーニが慰めた。ロッシーニの方がずっと年長だが、ヴェルティエンは執政官に準じる地位にいるので、慇懃な態度を取っている。ヴェルティエンはそれでも不安を拭いきれなかった。

「僕はバックパッカーであちらこちら旅した時に、アフリカ・ドームにも立ち寄ったから、何かしたんじゃないかと思われているのかも知れない・・・」
「何かしたんですか?」
「してない!」
「だったら、心配ないでしょう。」

 ロッシーニはケンウッドと視線が合うと肩を竦めて見せた。誰もヴェルティエンに疑いを抱いたことなどなかったのだ。彼は文化人類学者だから、生化学フロアにさえ立ち入ったことがない。それにガブリエル・ブラコフとは気が合って兄弟みたいに仲が良かった。

「疾しいことなどないのですから、堂々と行ってらっしゃい。」

 ロッシーニは年長者らしくビシッと言い聞かせた。

脱落者 12 - 3

 キャリーはセシリア・ドーマーが泣くのを見ていた。セシリアはさっきまでハイネ局長を刺したことを忘れていたのだろうか? しかしベックマン保安課長とフォーリー内務捜査官の事情聴取の時は覚えていた筈だ。彼女はドーマーは法律上存在しない人間だから殺しても罪にならないと言った。またドーマーは閉じ込められているから殺すことでハイネを解放してやったとも言った。キャリーに言わせれば、セシリア・ドーマーの主張は支離滅裂だった。

「貴女は人を殺したのね?」
「ええ・・・」
「その人はドーマーなのね?」
「・・・そうよ・・・」
「ドーマーは人よね?」
「ドーマーも人よ。」
「貴女も私もドーマーだわ。」
「ええ・・・」
「人よね?」
「・・・」
「貴女も私もドーマーで、人だわ。そうでしょ?」

 セシリアはしゃくりを上げた。キャリーはハンカチを手渡し、セシリアは鼻をかんだ。

「私達、クローンよ。」
「でもクローンは人間だわ。人間のクローンは人間よ。」
「でも私達、一生このドームの中から出られないわ。他のクローンは外の世界で家族を持って幸せに暮らしているのに。」
「全員が幸せとは限らないわ。食べ物の好みが違う様に、幸福の感じ方も違う。私は今幸せだけど、貴女はそう感じないのね。」
「リックが死んでしまったもの・・・」

 キャリーは用心深く静かな口調で尋ねた。

「リックは貴女にとってどんな存在だったの?」

 セシリア・ドーマーはもう一度鼻をかんだ。

「リックは私のオリジナルの弟なの。」
「あら・・・」

 キャリーは痛ましそうに相手を見つめた。

「お悔やみ申し上げるわ。」

 セシリアの手を軽く叩いた。

「今日はたくさん話してくれたわね、有り難う。貴女とリック・カールソンの関係を教えてくれて有り難う。疲れたでしょう、ゆっくり休んでね。」

 キャリーはハンカチをセシリアに持たせたまま立ち上がった。

「明日、また来るわ。」


脱落者 12 - 2

 キャリー・ジンバリスト・ドーマーは言った。

「好きでない料理は美味しくないでしょう?」
「・・・」
「みんなが美味しいと言っても、私には好きでない物は美味しくありません。例えば、キャビア・・・」
「キャビアは美味しいわよ。」
「私にはしょっぱいだけです。それに私は粒々した物は美味しくないのです。」
「変わってるわね。」
「でも、それが個性でしょ?」
「私は粘り気のある物が嫌いなの。味に関係なく、気持ちが悪いの。」
「どろりとしたヨーグルトとか?」
「ヤムイモの摩り下ろしたものとか、作りたてのメレンゲとか、餅とか・・・」
「クリーム状の物が嫌いなのね?」
「味は美味しいけれど、舌触りが気持ち悪いのよ。」
「それが貴女の個性ね。」
「そうかしら?」
「ドームの生活でも嫌なことがあるでしょう?」
「嫌なこと?」
「不満に感じていることとか?」
「貴女にはあるの?」
「もっと大勢の患者の症例を見て見たいわ。ここでは人数が限られているし、精神科医なんて必要ないって思われている。」
「必要ないんじゃない?」
「そうかしら?」
「だって、みんな満足しているわよ。」
「貴女も満足しているの?」
「私は・・・」

 セシリア・ドーマーは口ごもった。そしてキャリーを振り返った。

「何を言わせたいのかわかったわ。私が爆弾を作った理由でしょ?」
「爆弾なんて作ったの?」
「知っているくせに。」
「私は、貴女がフェリート室長の指示でキルシュナー製薬が送ってきたレシピ通りに調合した薬が、実は爆弾の役割を果たしていた、と聞かされただけよ。貴女は騙されていただけだと聞いたわ。」
「では、どうして私は閉じ込められているの?」
「貴女が遺伝子管理局長を刺したからでしょう?」

 キャリーは、セシリア・ドーマーが青ざめるのを見た。

「私・・・」

 セシリア・ドーマーが声を震わせた。両手を目の前に上向けに掲げた。

「人を殺したんだわ。この手で・・・」